サイネリア

JUGEMテーマ:flower*

 

【サイネリア】

 

鮮やかな青色がかわいいサイネリア。

鉢物として流通することも多いですが、この時期切り花として大活躍します。

 

わたしもお家で活けました。

いろいろなフラワーベースに合わせてみたのですが、

なぜだかこのアップルタイザーの空き瓶がしっくりきました。

 

 

 

1本でこの見事なボリューム!お得感満載です。

中心から放射状に生えた花びらは、どこかマーガレットやガーベラに似ている気もします。

 

青いお花って種類が少ないので重宝するんですよね。

日持ちも抜群なので、一輪挿しにおすすめです。

 

 

花言葉:「喜び」

 

 

フローリスト花成

小川

フリルパンジー

JUGEMテーマ:flower*

 

とっても可愛いフリルパンジー

「オルキ・ブルーシェード」

 

 

白から紫のグラデーションが美しい品種。

ボリュームたっぷりに波打つ花びらが魅力的です。

 

 

パンジーの名は、

フランス語の『パンセ(=考える、思う)』が語源。

頭を垂らしている姿が、物思いにふける人の顔のように見えることから名付けられたそうです。

 

言われるとなんだかこのパンジーも困り顔をしているように見えてきました。

 

 

花言葉:「もの思い」「私を思って」

 

 

フローリスト花成

小川

 

 

ミモザ [Mimosa]

JUGEMテーマ:flower*

 

春のお花、ミモザが入荷しました!

 

 

パッと目を引く明るい黄色に、ふわふわとした丸くて可愛い花。

春のお花としてすっかり定着したミモザです。

この色や形状から、料理やカクテルの名前としても使われています。

 

でも実は「ミモザ」というのは正式名称ではありません。

この黄色い花は「アカシア」というお花です。

アカシアに属する植物はたくさんあって、

葉の形状によって銀葉アカシア、パールアカシア、フサアカシアなど「○○アカシア」というように名前が分けられます。

その中に「ミモザアカシア」という品種が存在するため、

アカシアのお花を総称して「ミモザ」と呼ぶようになったとも言われています。

 

 

日本ではまだ認知度も低いですが、毎年3月8日は「国際女性デー」です。

イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれ、男性が日頃の感謝の気持ちを込めて身近な女性へ花を贈る習慣があります。

女性たちはこの日家事や育児から解放されて、

夜遅くまで友達との食事やおしゃべりを楽しむ日となっているそうです。

 

感謝はしていてもその気持ちを日頃から伝えることって案外むずかしいですよね。

感謝デーとして設けられていることは、口下手な日本人にこそとても有意義なものだと思います。

もっともっと広まって欲しいです。

 

 

フローリスト花成

小川

 

 

 

ゼンマイ

JUGEMテーマ:flower*

 

 

ゼンマイです。漢字で書くと「薇」

山菜としても有名な春の息吹です。

 

 

土から顔を出し、幼葉を渦巻き状に巻いて伸びていきます。

 

ちなみに花屋に並ぶゼンマイは観賞用で食べることができません。

食用と異なり、茎が鉛筆のように固いのが特徴です。

 

 

このくるくるとしたフォルムが可愛くて、ブーケやアレンジに入れたくなります。

春は花だけでなく、枝物や少し変わった植物もたくさん出てきてワクワクします。

ゼンマイは持ちも良いのでお家でも一輪挿しとして長く楽しめますよ♪

 

 

フローリスト花成

小川

チューリップ

 

1月に入り、店頭に春のお花が並び始めました。

ラナンキュラス、スイートピー、チューリップ。

春はたくさんのかわいい小花が入荷する季節なので、お店がいつも以上に華やかに見えます。

 

 

■ミニアレンジ花材

チューリップ、スイートピー、スカビオサ、ガーベラ、ゼラニウム、ミスカンサス

 

チューリップは根を切って切り花にした後も、ぐんぐん成長するという特性を持っています。

この仕事を始めたころ、1〜2日経ってチューリップだけ頭ひとつ分上に伸びていることに驚きました。

長く折れてしまいそうな茎からは想像できないくらい、生命力を感じるお花です。

品種によって上に伸びるものもあれば、垂れていくものもあったり。

チューリップの自由気ままな性質を観察することも楽しみのひとつです。

 

 

花言葉「思いやり」

 

 

フローリスト花成

小川

今年もありがとうございました

 

当店は、12月29日(日)〜1月5日(日)まで休業いたします。

お客様にはご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

今年も一年ありがとうございました。

皆様良いお年を。

 

フローリスト花成

小川

 

ラナンキュラス

JUGEMテーマ:flower*

 

バラの実

ラナンキュラス

 

クリスマスっぽい真っ赤なお花が入荷しました。

バラの実はドライにしても発色がいいので、クリスマスリースなどに入れても可愛いです♪

 

華奢な茎にころんとついたフォルムがかわいいラナン。

見た目はバラに近いですが、花びらが透けるように薄く何層にも重なっているのが特徴です。

ここから大きく花開くため、咲く過程も楽しめるお花です。

 

少し気が早いですが、

ラナンキュラスも見ると春へのカウントダウンが始まっているような気分になります。

 

 

フローリスト花成

小川

初雪

 

現在新宿は5℃

横浜では初雪を観測したそうで、、、

 

凍えそうな手をホッカイロで温めながら作業すると、

またこの季節がきたなあとしみじみ感じます。

 

 

今年はホワイトクリスマスになるでしょうか。楽しみですね。

 

 

アレンジ使用花材:アネモネ、カーネーション、バラ、ヒムロスギ、コットンフラワー、ヒメリンゴ、松ぼっくり

 

 

 

フローリスト花成

小川

 

ドライフラワー

JUGEMテーマ:flower*

 

◆本日のブーケ

 

 

お客様より、

そのままドライフラワーにできる花束を。とのご注文をいただきました。

 

使用花材は、

バラ

スターチス

クラスペディア

カスミソウ

ユーカリ

 

すべてドライフラワー向きのお花ですが、変化は花材によって様々です。

バラは基本乾燥するとサイズが小さくなり色も濃い色へと変化します。

一方でクラスペディアのように、鮮やかな黄色がそのまま残るような花材もあります。

その過程を楽しむこともドライフラワーの醍醐味ですね。

 

 

不要な葉っぱを取り除き、花の頭を逆さにして吊り下げると数週間でドライフラワーになります。

場所は直射日光の当たらない風通しの良い室内がベストです。

 

自然乾燥で綺麗なドライフラワーを作るには、花が新鮮なうちに作業をすることがポイント。

咲き進んだお花だと花びらが落ちやすくなったり、発色が綺麗に出なかったりします。

乾燥しやすいこの時期はドライフラワーをつくるのに最適です♪

 

 

 

少しでも長く、なまのお花の状態を楽しんでいただきたい。というのが花屋の本音ではありますが、

なにか特別な時のお花をどうしてもとっておきたいというお客様の気持ちもとても嬉しかったりします。

 

ながく大切にいただけるよう想いを込めて作りました。

 

 

 

フローリスト花成

小川

 

 

 

ポインセチア祭り

JUGEMテーマ:flower*

 

 

ポインセチア 花言葉「聖夜」

 

 

 

只今ワシントンホテルでは「1000本のポインセチア」祭りにちなんで、

引き換え券付きのチラシをご持参いただくと写真のポインセチアをプレゼント♪

というなんとも太っ腹な企画を開催中!

テーブルにそのまま飾れるサイズ感がかわいいです。

 

チラシは数回に分けて配布しております。

次は25日(月)に新宿駅前で配布予定です。

 

すでにホテル内はクリスマス一色。是非この機会にお立ち寄り下さいませ。

 

 

※ポインセチアは数に限りがございますのでなくなり次第終了とさせていただきます

(現段階ではまだまだお渡し可能です!)

 

 

フローリスト花成

小川