ケイトウ

JUGEMテーマ:flower*

 

 

先週の土用の丑の日、うなぎを食べました。

 

ふと気になって調べてみると、

この風習が一般の家庭で定着し出したのは江戸時代からとのこと。

暑さで体調を崩しやすい夏に、栄養価の高いうなぎを食べて元気を出そう!という考えからきたものです。

 

苦手ではないけれど特別好きでもなかったうなぎ。

昔親にうなぎで喜ばないなんて贅沢な子だなあ、なんて言われたりしました。

大人になるにつれて食べることが楽しみになったような気がします。

 

季節折々の行事の際にいただく「行事食」

今現在でも大切にされている日本の伝統文化って素晴らしいなあと思います。

 

 

 

◆本日のブーケ

 

 

使用花材:ケイトウ(赤)、アゲラタム、オオニソガラム、リンドウ、ベロニカ、ヒペリカム、ピトス

 

ケイトウをメインにしてブーケを制作することは少ないですが、

小さくかわいいサイズだったので真ん中に入れてみました!

特徴的な形状をしているので好みは分かれるかもしれませんが、1本でも存在感のある立派なお花です。

持ちも良いので夏場花屋ではとても重宝します。

 

 

 

フローリスト花成

小川

コメント